オーストリア

【表現主義の巨匠】エゴンシーレの作品299点全リスト

エゴン・シーレ(Egon Schiele)は、1890年6月12日にオーストリアのトゥルンで生まれました。彼はクレムスとクロスターノイブルクで学校に通った後、1906年にウィーンのアカデミー・デア・ビルデンデン・クンストに入学しました。ここで彼は絵画とドローイングを学びましたが、学校の保守性に挫折しました。1907年に彼はグスタフ・クリムトと出会い、彼に励まされ、彼の作品に影響を受けました。シーレは1909年にアカデミーを退学し、他の不満を抱えた学生たちと共にノイクンストグルッペを創設しました。クリムトの招待により、シーレは1909年にウィーンのクンストシャウで展示を行い、エドヴァルド・ムンク、ヤン・トロープ、ヴィンセント・ファン・ゴッホなどの作品に触れました。1909年のノイクンストグルッペの初の展覧会がウィーンのピスカ・サロンで開催された際、シーレは美術評論家で作家のアーサー・ロスラーと出会い、彼と友情を結び、彼の作品に賞賛の言葉を贈りました。1910年には、コレクターのハインリヒ・ベネッシュと長い友情を築きました。この時点で、シーレは個人的な表現主義の肖像画や風景画のスタイルを確立し、ウィーンの知識人から多くの肖像画の依頼を受けていました。

孤独を求めて、シーレは1911年にウィーンを離れていくつかの小さな村で生活し始め、自画像や人生、死、性を象徴する作品に集中し、官能的な水彩画を制作しました。1912年には「堕落」や「誘惑」の罪で逮捕され、24日間の拘留中に多くの切実な水彩画やドローイングを制作しました。シーレはプラハ(1910年)やブダペスト(1912年)でのノイクンストグルッペの展覧会、ケルンでのゾンダーブント展(1912年)、ミュンヘンでのいくつかのセセッションショー(1911

年以降)など、さまざまなグループ展に参加しました。1913年には、ミュンヘンのギャラリー・ハンス・ゴルツでシーレの初の個展が開催されました。1914年にはパリで彼の作品の個展が行われました。翌年、シーレはエディト・ハルムスと結婚し、オーストリア軍に召集されました。彼は軍務中も精力的に絵を描き続け、展覧会に出展しました。1918年のウィーン・セセッションでの個展は彼に批評的な評価と経済的成功をもたらしました。しかし、数ヶ月後の1918年10月31日、インフルエンザによって彼の妻が亡くなる数日前に、彼自身もウィーンで28歳で亡くなりました。

以下は、エゴンシーレの作品299点全リストです。表は検索することができ、年代順に並べることもできます。

エゴン・シーレはどこで生まれましたか?

エゴン・シーレは1890年6月12日、オーストリアのトゥルンで生まれました。

シーレはどのような作品を制作しましたか?

シーレは自画像や人生、死、性を象徴した作品に集中し、官能的な水彩画を制作しました。

シーレの死因は何でしたか?

シーレは28歳の時にインフルエンザで亡くなりました。彼の妻も数日前に同じ病気で亡くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です